忍者ブログ
2018/07/16 「暑中おみまい申し上げます」って、 「Take Hot You~(テイク・ホット・ユー・~)」でいいのかなぁ。                   まちがっていない……よね?
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
(間違っていたら、ごめんなさいですが、)

そういえば、カプコンのアクションゲームって、
ほとんどゲームブックになってませんよねぇ。

「ゲームブック倉庫番」を見ますと、
94年に『ロックマン』のゲームブックがポプラ社から、
『ジャスティス学園』のアドベンチャーゲームがCDの形態でCAPCOMから出ておりますが、
少なくともファミコン時代にはなかったみたい。

他のゲーム会社でも、意外とこの作品のゲームブックが出ていないというのはございますが、
カプコンの場合、特にそれが感じられません?

『魔界村』とか『ロックマン』とか、『ソンソン』
『闘いの挽歌』『戦場の狼』『トップシークレット』あたり、
出てもおかしくないような気がいたしますけどねぇ。
(『ストリートファイターⅡ』は、1991年が最初ですから、
難しいかもしれませんが。)

『マルサの女』とか、『プロ野球? 殺人事件!』『スゥィートホーム』など、
アドベンチャーゲームのゲームブックは双葉社から出ておりますから、
当時の会社の方針ということなのでございましょうなぁ。
PR
メスロンって、
ちょっと子供っぽいところございますよね。
一人称は「ぼく」だったりしますし、ぱんつぅではパンタクルなくしちゃうし……。

『魔宮の勇者たち』
パラグラフ四八六では「十四、五歳の背の高い少年」
と書かれているので、その子供っぽさは年相応なのかなぁ。

まあ、そのように思って描いてしまったので。
子供メスロンにございます。

んっ? 女の子に見える?
メスロンってネコ目ですからねぇ。
そういう風に見える方もいらっしゃることでしょう。
でも、これは男の子です(断言)!

メスロンの女の子化は、どなたか他の方がやってくださいな。
だってねぇ、
東洋一の魔法少女ですと、
成長したら、東京オリンピックでバレーボールやらなくてはならないでしょ。

 ねっ!子供メスロン
このごろ(かなり前から?)近くで、
「Role&Roll」が売っていなくて困ってしまいます。
というわけで、この間も電車で静岡市街まで行って、
買ってきたのでございますが。

駅から本屋さんに行くまでの間に、「駿河屋」の静岡本店があるのですよね。

そこで買ったものを少々。
まず、の本やマンガのおいてあるところで、

『手軽に出来る絶体絶命』。50円(+税)。

手軽に出来る絶体絶命

帯こそないものの、投込みの広告や記録紙も入っておりました。
表紙が汚れている感じがちょっと残念だったのですが、
帰って持っている本と比べてみると、そういう絵だということが判明いたしました。
ややこしい。
でもこれで、2冊になっちゃったよ!
と申しますか、50円だとついつい買ってしまいますな。


『ガープス・マーシャル・アドベンチャー 武神降臨』

300円(+税)。

武神降臨

これは持っていなかったので確保。


「美術手帖 2015.10 vol.67 NO.1028」

300円(+税)。

「美術手帖 2015.10   

この本に「真夜中をさまようゲームブック」というものが
載っているということをネットで知り、見てみたいと思っておりました。
とは申せ、
古本屋さんで見つけるのも難しいだろうな。
かといって、本屋さんで注文したり、
図書館の閉架書庫から出してきてもらうのも恥ずかしいなぁ。
なにしろ特集が「春画」だからなぁ。と思っておりましたところ、
あっさりと見つかってしまいましたよ。
というわけで、確保。

真夜中をさまようゲームブック  


ざっと見たところ、春画とは関係なさそうですし、他の記事とも関係なさそう。
ちゃんとプレイしていないので分かりませんが、
そもそも美術と関係なさそうで……。
なんでこんなところに載っているのでございましょう?


で、3階

ここは、ボードゲームやカードゲーム、TRPGなど、ゲーム関連を置いてあるところでございます。ゲームブックも置かれているのでございますが……。なんでこんな高いの?  『カイの冒険』とか、12000円って……。笑うしかございません。

(追記:2018年3月19日。「Role&Roll」vol.162を買いにいったついでに、立ち寄りましたが、
売れてるよ!! 
他のゲームブックも覚えてないけどけっこう売れてるよ!!
いるんだ。この値段で買う人が!!
まるで、コレクターみたい!!

いや、びっくりいたしました)





  他のものも、1000円以上がほとんどでございますな。
『手軽に出来る絶体絶命』なども、この階にあれば、もっと値が張ったことでござましょう。

で、そこで、何を手に入れたかというと、当然ゲームブックではなくて、こんなの。

「KARMA SATURDAY NIGHT SPECIAL」


最初のサタスペ表紙



同人誌版の『サタスペ』だそうで、『サタスペ・スペシァル』で、河嶋陶一郎先生
「恥ずかしい、死にたい」と申していた「最初のサタスペ」というやつだと思うのですよ。
ネタ的に面白そうでしたし、100円(+税)だったので、つい買ってしまいました。
でも、どこら辺が恥ずかしいんだろう?

 『ウォーロック』誌がよみがえるそうでございますな。


『よみがえる妖術使い』?


 


 違いますか……。


 


 ふむふむ、「TtTマガジン」「ウォーロック・マガジン」
名前を変えるのでございますか……。



 うーむ。



 ゲームブックは、どう扱われるのでございましょうかねぇ。


 TRPGの代価物だったり、サプリメントだったり、入門用の役割というようにしか意識されていなかったらいやだな、と思う次第でございます。


 


 じっさい『ウォーロック』誌も、ゲームブックからロールプレイング・ゲームへと編集の中心を移していきましたものね。終刊号であるvol.63にも、そのようなことが書いてございます(まぁ、そこには事情があるのでございましょうが)


 


 わたくしといたしましては、ゲームブックにはTRPGにとどまらない大きな可能性と魅力がまだまだあると存じます。


 ブームの終焉によって、置き去りにされてしまったもの、検証されなかったもの、


そして、さらに新しいものがまだまだあると思うのでございます。


 


 あとはですねぇ、
個人的には、昔のゲームブックは、数値的に難しいものが多いので、そのあたり、もっと一般性を持たせてほしいな、おもうのでございますよ。数値的に難しくするのは、いたって簡単なことでございますもの。ゲームとしての挑戦のしがいよりも、物語の面白さをアピールポイントにしていただきたいものでございます。


 



ロッコバッチ


 ☆ ところで、
「編集部からの挑戦」は、
どなたが担当なさるのだろう?



……。気になる。



(ちなみに、右はロッコバッチ









   





☆ さらにちなみに、
  これは、賢者の石井文弘さまが発刊なされた、「ウォーラッコ」でございます。



ウォーラッコ  


 


「ウォーロック」批判誌とか。
いろんなウォーロック読者の方から原稿を集めているので、全部が批判というわけではありませんが(下山電気さんの「送り雛は瑠璃色の」大事典とかね)……。


 薄羽かげろうさん(ネットで調べる場合は、「木崎ひろすけ」で検索したほうがよろしいようでございます)の表紙が素敵ございますな。


ちなみに「ウォーラッコ」の名はわたくしですが(中でバカにされております)、参加はしておりません。



だんじょん商店会 元本 

 


 『だんじょん商店会』が19周年だそうでございますな。


とけねこさんのツイッターにて、佐々木亮先生がお書きになられているのを拝見いたしました(10月の29日でしたっけ?)。



 



19周年? 何かびみょ~な……。



まっ、いいや。



これは絶好の機会とばかりに、昔描いた四コマ他を載せておきますね~。



ほんと、こんな機会でもなければ、出せる場所もないでしょうから。



でもコレ、なんで描いたんだろう?



一念発起して、同人誌でも出すつもりだったのかなぁ……。



フローチャートも書いた気がするけれど、それは見つかりませんでした。



いっしょのクリアフォルダーに入っていたのは、『エイリアン2』のフローチャート。
しかも感熱紙なものですから、字がほとんど見えないくらい薄くなっていて……。
なんでこれが?



 



そうそう。



ちなみに、ゲームブック版のほうです。



PS版のことは存じ上げません。



 



サムネイルよりご覧くださいませ。



 





だんじょん商店会 p.1  だんじょん商店会 p.2 だんじょん商店会 p.3 だんじょん商店会 p.4 だんじょん商店会 p.5 だんじょん商店会 p.6 だんじょん商店会 p.7 だんじょん商店会 p.8 だんじょん商店会 p.9 だんじょん商店会 p.10 だんじょん商店会 p.11 だんじょん商店会 p.12



……。ん、むむっ。



いや、今、表紙をスキャンするために、原作を取り出してみたのですが……。



ゲームブック版は、2000年5月の発売だよ! 19周年関係ないよ(バンバン)!



まぁ、いいですよね。そのぐらいのこと。



 元本を手にとって、思い出しました。「ゲームブック倉庫番」でサイト内検索をかけてみると分かると思いますが(99と入れて、年数じゃなさそうなのは無視してください)、
1999年は、ほとんどゲームブックが出ていないのですよね。
エニックス文庫もファミ通ゲーム文庫も1997年あたりで終わってしまいますし……。
いわば冬の時代。



 ですからこの本、たぶん発売日には買っていないのですよ。ゲーム文庫ではなく、ふつうのファミ通文庫として出されたので、他とまぎれて分からなかったのですな。



 見つけたのは、たまたま。



ファミ通文庫の棚をだーっと眺めていたら、ホントにぐうぜん目にとまって……



二度見してしまいましたよ。



ビニールで閉じられていたため、中身は確認できず、藤浪智之? 『だんじょん商店会』?
 後ろの紹介文を見て「マルチノベル」うぅ……???



ゲームブックとまでは確認できず、まあ、分岐のないノベライズでもいいや、と自分に言い聞かせて、買ってかえることにしたのでございます。



 



 こういうのって、まことに困りますな。ゲームブックってたいてい特徴的な表紙……と申しますか、背表紙をしておりますので、古本屋さんなどでもざっと見てすぐ分かるのでございますが、こういうのはなかなか見つからない。



 角川文庫の『時空の旅人』なんて、新刊で見たときに買っておけば良かったのに、まぁいつでも買えるだろうと放置していたら、まったく見つからない。文庫の背表紙はみんな大体同じですから、見逃している可能性はとっても大きい……。



 まぁ、どうでもいい話ですな。むしろ書いている人から、発売日に買えって怒られちゃいそう。



 



 というわけで、今回はこの辺で。じゃあねぇ~。



 





 
 
  
     


カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 4 5 6 7
13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
道化の真実
性別:
男性
趣味:
ゲームブック
ブログ内検索
フリーエリア
バーコード
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]