忍者ブログ
2018/06/19 ゲームブッククイズ(97) ノワーズ40号記念企画 ペーパーアドベンチャーゲーム「駄洒落戦隊ノワーズマン」            NOURS 2003 vol.40(ナムコ/2003/3)。ナムコ本社ビル地下ドックから出現する受付小町グレート。その最終兵器の名前は?
[160] [159] [158] [157] [156] [155] [154] [153] [152] [151] [150]
このごろ(かなり前から?)近くで、
「Role&Roll」が売っていなくて困ってしまいます。
というわけで、この間も電車で静岡市街まで行って、
買ってきたのでございますが。

駅から本屋さんに行くまでの間に、「駿河屋」の静岡本店があるのですよね。

そこで買ったものを少々。
まず、の本やマンガのおいてあるところで、

『手軽に出来る絶体絶命』。50円(+税)。

手軽に出来る絶体絶命

帯こそないものの、投込みの広告や記録紙も入っておりました。
表紙が汚れている感じがちょっと残念だったのですが、
帰って持っている本と比べてみると、そういう絵だということが判明いたしました。
ややこしい。
でもこれで、2冊になっちゃったよ!
と申しますか、50円だとついつい買ってしまいますな。


『ガープス・マーシャル・アドベンチャー 武神降臨』

300円(+税)。

武神降臨

これは持っていなかったので確保。


「美術手帖 2015.10 vol.67 NO.1028」

300円(+税)。

「美術手帖 2015.10   

この本に「真夜中をさまようゲームブック」というものが
載っているということをネットで知り、見てみたいと思っておりました。
とは申せ、
古本屋さんで見つけるのも難しいだろうな。
かといって、本屋さんで注文したり、
図書館の閉架書庫から出してきてもらうのも恥ずかしいなぁ。
なにしろ特集が「春画」だからなぁ。と思っておりましたところ、
あっさりと見つかってしまいましたよ。
というわけで、確保。

真夜中をさまようゲームブック  


ざっと見たところ、春画とは関係なさそうですし、他の記事とも関係なさそう。
ちゃんとプレイしていないので分かりませんが、
そもそも美術と関係なさそうで……。
なんでこんなところに載っているのでございましょう?


で、3階

ここは、ボードゲームやカードゲーム、TRPGなど、ゲーム関連を置いてあるところでございます。ゲームブックも置かれているのでございますが……。なんでこんな高いの?  『カイの冒険』とか、12000円って……。笑うしかございません。

(追記:2018年3月19日。「Role&Roll」vol.162を買いにいったついでに、立ち寄りましたが、
売れてるよ!! 
他のゲームブックも覚えてないけどけっこう売れてるよ!!
いるんだ。この値段で買う人が!!
まるで、コレクターみたい!!

いや、びっくりいたしました)





  他のものも、1000円以上がほとんどでございますな。
『手軽に出来る絶体絶命』なども、この階にあれば、もっと値が張ったことでござましょう。

で、そこで、何を手に入れたかというと、当然ゲームブックではなくて、こんなの。

「KARMA SATURDAY NIGHT SPECIAL」


最初のサタスペ表紙



同人誌版の『サタスペ』だそうで、『サタスペ・スペシァル』で、河嶋陶一郎先生
「恥ずかしい、死にたい」と申していた「最初のサタスペ」というやつだと思うのですよ。
ネタ的に面白そうでしたし、100円(+税)だったので、つい買ってしまいました。
でも、どこら辺が恥ずかしいんだろう?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
11 12 14 15 16
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
道化の真実
性別:
男性
趣味:
ゲームブック
ブログ内検索
最新CM
[06/13 道化の真実]
[06/13 道化の真実]
[06/10 吉里川べお]
[06/10 ドロシー!]
[09/24 花田]
フリーエリア
バーコード
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]