忍者ブログ
2017/11/21 Role&Rollvol.158。投稿した絵が載って良かった良かった。電子郵便なんてほとんど使っておりませんし。それに絵を添えつけるなんて、ほとんど初めてでございましたもの。採用されていなかったら、すぐさま絵を封筒に入れて、ポストに急ぐところでございました。
[71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [63] [62] [61]

河森正治プロデュースクリアバージョン
プロショップ専用商品
               (BANDAI)


 

というわけで、昨日、日曜日のことでございますが、
透明なバルキリー手に入れましたよ!
 デジカメも持っていないのに、こんなこと書たって仕方ない?
 まっ、それはそうですが、ブログっていうのは日記ですもの。
 なにを書いたって大丈夫!
 静岡ホビーショーの記事の時書きましたよね?
 バンダイの工場見学(パブリックビューイング)の時、
ないかなと思っていたのになかったものでございます。

 説明いたしますと、
 まず、バルキリーは分かりますよね。

古代ゲルマン神話に登場する……ですとか、
ワーグナーですとか
『ワルキューレの冒険』
ですとか、
ノースアメリカン航空社のXB-70ですとか、
HONDA社のバイクですとか、

えんえんやっていても仕方がございませんから簡単にもうしますと、

「マクロス」
シリーズに登場する搭乗型ロボットでございまして、

人型(バトロイド)、戦闘機型(ファイター)、
そしてその中間形態で地上を高速で滑空するタイプ(ガウォーク
の三つの形態に変型することができるのでございます。

 いや、急襲兵器としてはまさに理想的でございますな。

 まず
ファイター形態で高速で目標地点に接近し、
目標に近づいたら、ガウォーク形態で地上を滑空する。


 レーダーにとらえられることもございませんし、
ビルの谷間を高速で抜けていけば、敵の攻撃を避けることもできます。

 そうして目的地まで近づいたら、
バトロイド形態でピンポイントで攻撃、その場を制圧、というわけでございます。

 これならば、イラク戦争のときに話題になった誤爆などもございますまい。

 まあ、宇宙空間で巨人や虫と戦う分には、あまり役に立つとは思えませんが
それでも、足がバーニアになっていて、急制動や急な方向転換ができることは、
そんな状況でもメリットとなるでしょう。

(中の人が大丈夫か? という話もございますが、
何かすごいコクピットシステムが用意されているみたいですから、たぶん大丈夫なのでしょう!)

 まさに理想の兵器というところでございますな。
 実際に作るのは、可変システムやらエンジンやら燃料やらで大変なことになりそうでございます。
 そこら辺もふくめて夢の兵器でございますな。
 巨人族の科学技術のすごさがうかがい知れると申すものでございます。

 さて、バンダイ社がプラモデルとして発売しておりますのは、
その『マクロス』シリーズの最新作で、ついこの前までテレビシリーズとして放映されておりました
『マクロスフロンティア』に登場するバルキリー、VF-25というナンバーのタイプのものでございます。

 初代『マクロス』のバルキリーに比べ、バトロイドはロボットらしく、ファイターは戦闘機らしく、より格好よくスマートに、変型もやや複雑になったことに進化を感じさせますな。

 プラモデルは、まだ買ってきたばかりなので作ってはいないのですが、
透明な機体は、袋越しに見ているだけでも、ワクワクさせられます。

 そうそう、この透明なバルキリーと申すのは、
バンダイプロショップ限定発売なのだそうでございます。

 そのため、なかなか見つけることがではず、半ばあきらめていたのでございますが、
上に書きましたバンダイの工場見学のときにもらったチラシに、
プロショップの一覧があったのでございますな。
 それを見てみますと、何か聞いたことのある店の名前。
 もしかすると……と、ダメもとで行ってみた結果、
その判断が正しかったということに相成ったというわけでございます。

 しかし、このような小さなおもちゃ屋さんがプロショップだったとは。
 もっと大きな専門店を想像していたので、意外でございました。

 おそらく、それだからでございましょうな。
 このプロショップ限定版。
 わたくしが知ったのは、「モデルグラフィクス」誌2月号
そこに1月発売予定と書かれていたのでございますから、だいぶ前ですよ。
 それなのに、まだ残っていたとは!
 やはり、こんなところがプロショップだとは思わなかった方が多かったのでございましょうねぇ。

 透明なバルキリーは、何といっても、塗装をしなくても、見栄えがよいところがよろしいですな。
 クリアカラーで要所要所を塗ってやると、さらに美しく仕上がるみたいでございますが
要するにそれは、下手がやると台無しにしてしまうということでございます。

 内部構造に缶スプレーでさっと銀をふきかけるだけといたしましょう。
 ABS素材を塗るのはあまり良くないみたいなことが書いてござましたので、
軽くさっとでございますが。
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
14 15 16 17 18
20 21 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
道化の真実
性別:
男性
趣味:
ゲームブック
ブログ内検索
最新CM
[09/24 花田]
[09/17 ドロシー!]
[09/11 HH]
[09/01 道化の真実]
[08/30 ププププー]
フリーエリア
バーコード
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]