忍者ブログ
2009/9/2  パソコンの調子がちょっとわるいので、ブログの更新が何日とか何十日とか止まったら、そのせいだと思ってください。                        まあ、めんどくさくなっておやすみということもありえますが。
[14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 さて、ここら辺で現在買うことのできるゲームブックを挙げてみましょうか。
 実際にプレイしてみなければ、ゲームブックがどんなものなのかは、わかりませぬからな。

 現在、ゲームブックの状況は、意外にバランスの取れていると申せます。
 出版点数は少ないものの、ゲーム的なものから小説的なものまでひと通りそろっており、難易度的にも手軽なものから本格的なものまでちゃんとございますからな。
 もちろん、そろっているというだけでございまして、バランスよく段階的に、とはまいりませぬが。
 もっともそれは、ゲームブック全盛のころもそうだったという気もいたします。
 別に出版社同士で打ち合わせて出しているわけでもございませぬから、それは仕方のないことでございましょう。

 さて、では紹介。

 まずは『クイーンズ・ブレイド』から。

 最初にこれを取り上げたのは、おそらく現在、もっとも知られているゲームブックがこのシリーズだから、でございます。

 ただし、ゲームブックとしては中心的な存在ではございませぬ。
 
 ゲーム的な要素が強く、作品内のストーリー性はほとんどございませんので、物語領域とゲーム領域というふうに分けた場合、ゲーム領域の、それも端のほうに位置する作品と申せましょう。

 作品は以下のとおり。

 流浪の戦士レイナ
 荒野の義賊リスティ
 牙の暗殺者イルマ
 森の番人ノワ
 武者巫女トモエ
 歴戦の傭兵エキドナ
 古代の王女メナス
 近衛隊長エリナ
 冥土へ誘うものアイリ
 高貴なる戦士レイナ 3D
 光明の天使ナナエル
 武器屋カトレア
 千変の刺客メローナ
 雷雲の将クローデット
 鋼鉄姫ユーミル
 逢魔の女王アルドラ
 戦闘教官アレイン
 叛乱の騎士姫アンネロッテ

 けっこうたくさん出ているものでございますな。
なお、アンネロッテからは、『クイーンズ・ブレイド』の新章「リベリオン」になるようでございますが、ゲーム的には関係ございません。

 さらに、姉妹編とも申せるシリーズがございます。
 
『クィーンズ・ゲイト』ですな。

 門を開く者 アリス
 魔法少女 虹原いんく
 紅の忍 不知火舞

『クイーンズ・ブレイド』がオリジナルのヒロインであるのに対し、こちらは、他に原作がある作品のシリーズ、でございます。
 ただし、第一作のアリスのみは、『~ブレイド』と『~ゲイト』をつなぐ作品で、原作は確か存在いたしません。
(ま、これもゲーム的には関係がないのでございますが)

 詳しくは、各サイトで確認してください。
 
クイーンズ・ブレイドは←ここ。

クイーンズ・ゲイトは←こちらでございます。

 このゲームブックを購入するにあたり、注意しなければならないことがございます。
 
 まず、ソロプレイはできない ということ。
 2つ目は、2冊以上ないとできない ということ。
 3つ目として、キャラクターシートがないとできない ということ。

 つまり、二人のプレイヤー(男性女性は問いませぬ)が、1冊づつこのゲームブック(同じキャラクターでも可でございます)を手にしないと、ゲームができないということでございますな。

 3つ目は、このゲームブックを古本屋さんなどで買った場合に、特に注意が必要な点にございます。
 このゲームブックのいう キャラクターシート とは、 戦闘解決表 のことでございまして、これがないと、まったくゲームにはなりません。

 そうなると、この本は、

 変な衣装を身にまとった女性が、
 妙なポーズで戦っている
 ちょっと変わったイラスト集

 ということになってしまいます。
 
 そんなもの、誰も欲しいとはお思いになりませんでしょ?
 このゲームブックで重要なのは、本の大部分をしめる絵などではなくて、データの部分なのでございます。

 もしも、キャラクターシートを失くしてしまった、
 などとという場合には、←ここのサポートページから、
 pdf版が入手できるようでございます。

 ただし、英語ではございますが。

 具体的には、
 ページの下半分に、各作品の表紙が掲載されていると存じます。
 その各表紙の下あたりに、何か英語が書かれておりますな。
 そのあたりで、マウスポインタが矢印から指印に変わったらクリックしてみてくださいな。
 Adobe Readerとかがコンピュータに入っていれば、読めると存じます。

(Normal と Duplexの差は……、よく存じませぬ)

 さらに、
 表紙絵の上あたり、"The Complete Set"と書かれた下を押すと、zipファイルでまとめて手に入るようでございます。

 もっともこれは、全作品持っているかた以外、不要でございましょう。

 あと、
 プレイするにあたっての注意点でございますが、
 そうですねぇ、
 やはりこの手のゲームは、キャラクターになりきる ということが重要でございましょう。
 ですから、

「きゃっ!」
「いゃぁぁぁあん!」
「しまった!」
「やめてぇえ~!!」

 などなど、感情をこめて叫びながらプレイするのがよろしいかと存じます。
 そうすれば盛り上がれますし、
 人がいる場所でしたら、周囲の耳目を集めることは必至でございましょう。
 ぜひ試してみてくださいな。
 カーッとアツくなれること必至にございますよ~!

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
道化の真実
性別:
男性
趣味:
ゲームブック
ブログ内検索
最新CM
[09/24 花田]
[09/17 ドロシー!]
[09/12 ヤマダ課長]
[09/11 HH]
[09/05 むらた]
フリーエリア
バーコード
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]