忍者ブログ
 タブンとサリンは、ヒトラーは大量に持っていたが、使わなかった。  ドイツのみが持っていて、他の国は持っていなかったので、      使えばヨーロッパ中を絶大な被害を与えることもできたのに。なぜか。  推測                                          (1) 他の国も持っているのではないかという危惧があった。                                                            (2) 第一次世界大戦末期にヒトラーは、イペリットを浴びている。→毒ガスの脅威が彼にサリンを使うことをためらわせたのではないか。         →ヒトラーはBC兵器の使用に積極的ではなかった。 【NHK教育テレビ】
[151] [150] [149] [148] [147] [146] [145] [144] [143] [142] [141]

「俺たちの俺」 京極夏彦 (「奇想天外21世紀版」P.193209所収)


 


「奇想天外」の話は、前回で終わるつもりでしたが、京極先生が、形式において変わった短編を書いているので、ちょっと触れておきましょう。


この「俺たちの俺」という作品は、「目が醒めると俺がいた」という書き出しがすべてを表しておりますが。まぁ、そういう話なのでございます。


形式における工夫と申すのは、見開きの片方のページに「俺」、もう一方にもう一人の「俺」の一人称で描かれているということでございます。


つまり、右と左とで視点が違うのですな。


それを貫いていれば、すごいのでございますが、3章ぐらいで話が動き出しますと、形式は維持しているものの、視点の区別はない一続きの話となり、それがちょっと残念。


最初の形を維持するのは難しかったのでしょうなぁ。


にしても、ラストだけは再びもとの形式に戻って、それぞれの視点で話を展開してほしかったところでございます。で、それぞれの「俺」が生き残る、別の結末が用意されていても良かったような。


 形式には手を加えないとしても、ラストの一章はどちらがどちらか分からない描写にして、結末を読者にゆだねるリドルストーリーの形にした方が、この作品には合っているのではございませんでしょうか。


 そう思うのでございます。


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
02 2019/03 04
S M T W T F S
2
7 8 9
12 14 15 16
17 18 19 22 23
25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
道化の真実
性別:
男性
趣味:
ゲームブック
最新CM
[01/06 道化の真実]
[01/06 HUGO 新年快樂 HALL ]
[11/27 道化の真実]
[11/26 HUGO 土下座 HALL ]
[10/16 道化の真実]
ブログ内検索
フリーエリア
バーコード
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]